• HOME
  • バレエ用品
  • 【バレエトップス10選】長袖と半袖に分けておすすめ商品を紹介

【バレエトップス10選】長袖と半袖に分けておすすめ商品を紹介

バレエ用品

身体を冷やさないことや肌の露出を防ぐことを目的として、レオタードの上に着用するバレエトップス。

何かと重宝する便利なバレエ用品であり、用途に合わせて何枚か買いそろえているダンサーも多いのではないでしょうか。

そんなバレエトップスですが、薄くて暖かい高機能なものから、レッスンのモチベーションを上げてくれるハイセンスなデザインのものまで、幅広い商品が世に売り出されています。

今回の記事では、バレエトップスのおすすめ商品を10個ご紹介。着心地のいいニット素材で作られたものから、おしゃれなシースルーがあしらわれたものまで、さまざまな商品をピックアップしました。

バレエトップスをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめバレエトップス【長袖・七分袖】

それでは、さっそく商品を紹介していきます。前半は長袖、後半は半袖といったように、セクションを分けて商品を並べているので、気になるほうからご覧ください。

長袖と七分袖のバレエトップスは、防寒性にすぐれています。秋冬の季節や、冷房でスタジオが寒くなりやすい夏などに大活躍。また、腕周りの露出を避けたいときにも便利です。

①通年で着られるニットトップス

フランスのバレエ用品メーカー「サンシャ」の、ニット素材で作られた長袖のバレエトップス。ほどよい厚みの生地で作られており、季節を問わず着用できます。

デザインとしては、首回りがV字に大きく開いており、首元がきれいに見えるほか、袖丈が長く取られているため、スラリとした印象を与えてくれます。通年で使えて着る人を選ばない上品なデザインの商品なので、はじめてバレエトップスを購入する方におすすめです。

②バレエ以外でも使えるシンプルデザイン

新商品【即納商品】ダンス トップス 薄手 ニット ボレロ バレエ 社交ダンス ヨガ レッスン 練習着 フィットネス 秋冬 綺麗 長袖 Shanze. シャンゼ 送料無料

コットン素材95%とポリエステル5%を用いて作られた、薄手タイプの長袖のバレエトップス。シンプルなデザインで、バレエ以外のダンスレッスンやジムでのフィットネスなど、幅広いシチュエーションで使用できます。

機能性については、ポリエステルが含まれているため、伸縮性に優れています。動きやすくフィット感が強いので、レッスンの動きを邪魔しません。また、メイン素材がコットンなので、肌触りがよく、着ていて温かいことも魅力です。

③ニットだと暑いときに便利なメッシュ素材

デコルテがきれいに見える、日本製の七分袖バレエトップス。透け感のあるおしゃれなデザインが魅力的。涼しげな見た目なので、春夏のレッスンウェアにピッタリです。

素材には、伸縮性のあるメッシュを使用。柔らかな肌触りで体にフィットしてくれるので、レッスン中のボディラインチェックがやりやすいです。ニットやコットンなどの素材と比較して生地の厚みが薄いので、ニットを着るほど寒くはないけど、半袖のレオタードだけでは寒いときなどに便利。

④丈が短くスッキリとした印象のトップス

肌触りの柔らかい綿素材で作られている、七分袖のバレエトップス。生地がしっかりとしていて暖かく、秋冬の防寒にはもちろん、夏の冷房対策にも活躍します。また、首元はラウンドネックになっているため、デコルテがきれいに見えることもポイント。

デザインについては、丈が短い作りになっているため、ウエストにもたつき感がなく、スッキリとした印象を与えます。透け感のない作りなので、露出を控えたい方におすすめの商品です。

⑤刺繍レースの透け感が美しい

刺繍レースの透け感が美しい、長袖のバレエトップス。刺繡レースは腕周りと胸元に施されています。エレガントな雰囲気を感じさせるデザインの商品です。

機能性については、スパンデックスという伸縮性に優れた素材を用いているため、動きやすさが抜群です。ウォームアップウェアとしてはもちろん、レッスン中に着用しても動きの妨げになるようなことはありません。

おすすめバレエトップス【半袖・五分袖】

冷房によってスタジオが寒いときや、外出するときレオタードの姿ではいられない場合に、半袖や五分袖のバレエトップスが役に立ちます。普段着として使える商品も多いので、バレエ以外のシチュエーションも加味しながら選んでみると、効率のよい買い物ができるかもしれません。

⑥チャコットのシンプルなバレエトップス

【チャコット 公式(chacott)】Tシャツ

日本の老舗バレエメーカー「チャコット」の、フルレングスタイプのTシャツ。ウエストがシェイプされたシルエットなので、ボディラインにメリハリがつきスタイルがよく見えます。

素材には、レーヨンとポリエステルの混合で作られたリルファーフライスを使用。肌触りが柔らかく伸縮性に優れているので、着心地が快適です。シンプルなデザインのバレエトップスなので、幅広いレッスンコーディネートに合わせられるでしょう。

⑦フィット感のあるレースが魅力的な五分袖トップス

21春夏新作 バレエ トップス レオタード 大人 フルリール・5分袖レオトップ ドゥッシュドゥッスゥ

フラワーデザインのレースが特徴的な五分袖バレエトップス。カラーバリエーションは、ピンク・ブルー・ブラックの3つがあり、選ぶ色によって、かわいらしさやさわやかさなど、異なった印象を演出することができます。

機能性については、レースに伸縮性のある素材を用いているので、肩から二の腕にかけてすき間を作ることなくフィットします。また、硬い素材で作られたレースにありがちな、突っ張って踊りを妨げてしまうこともありません。

⑧フレンチスリーブで気になる二の腕もスッキリ

デコルテから袖にかけてレース素材があしらわれた、フレンチスリーブのバレエトップス。フレンチスリーブは二の腕をほっそりと見せてくれるので、体型が気になる方におすすめです。また、Vネックになっており、首元がシャープに見えることもポイント。デコルテをスッキリときれいに見せることができます。

エレガントかつかわいらしいデザインの商品なので、レッスンはもちろん、日常で着用しても違和感がありません。

⑨上質なコットンを使ったベーシックトップス

コットンのグレードは、繊維の長さによって決まります。こちらのバレエトップスは、その等級の中でも最上位に位置する「超長綿」を使用。コットンと思えない上品な質感で、シルクのような光沢があります。肌触りもしなやかで柔らかく、ベーシックなデザインのトップスながら、1枚で様になる魅力的な商品です。

透け感が控えめでシンプルな見た目なので、バレエのレッスンだけじゃなく、自宅でのヨガやジムトレーニングに使っても◎。

⑩メッシュの透け感が艶やかなレイヤードTシャツ

重ね着のおしゃれを楽しめる、レイヤードタイプのバレエトップス。全体の透け感が艶やかなイメージを抱かせる一方で、ラッフル袖がかわいらしさを演出しており、フェミニンな印象も与えます。

機能性については、ストレッチ性に優れたメッシュ素材で作られているため、涼しくて動きやすいです。バレエ専用の商品というわけではないので、キャミソールやブラトップの上に着たりして、日常使いしても問題ありません。

【番外編】バレエトップスに関するQ&A

ピックアップされている商品は大人用のものがほとんどだけど、子供用はないの?

子供用の商品も販売されているよ! でも、一般的に、子供はレッスン中にバレエトップスを着ないから、今回は省かせてもらったんだ。着ちゃいけないってわけじゃないんだけど、子供はレオタードのままでも恥ずかしくない子が多いし、先生によっては「レオタードでレッスンを受けましょう」と推奨されている方もいるんだよね。
でも、子供が寒がっているようであれば、ウォームアップウェアとしてバレエトップスを買ってあげるのはいいことだと思うよ! レッスン中はレオタードになると思うけど、それまでのストレッチで身体を温めておくのはいいことだからね♪

レッスン中は脱いだほうがいい?

動きの確認をしやすいから、できれば脱いでおくことをおすすめするよ! バレエトップスを着る目的は”身体を温めるため”だから、ウォームアップが終わったら脱ぐのが一般的かな。
ただ、教室によっては、トップスを着たままレッスンを受けている人が多いこともあるから、場の雰囲気に合わせて脱ぎ着を決めるといいと思うよ♪ 特に、フィットネスクラブや公民館で開かれているバレエ教室は、最初から最後までトップスを着たままの人も多いんだ。

普通のTシャツとかじゃ代用できない?

できなくはないけど、バレエ用として作られたバレエトップスに比べると、動きやすさとか鏡で見たときのきれいさが全然違うから、あまりおすすめはできないかな……。商品によるけど、普通のTシャツと変わらない値段で売られているものもあるから、できればバレエトップスを使ってみて欲しいな♪

自分に合ったバレエトップスを見つけてレッスンを快適に

いかがでしょうか。おすすめのバレエトップス商品を10個ご紹介しました。レースがかわいらしいデザイン性に優れたものから、高級コットンを使ったハイクオリティなものまで、幅広いアイテムがありましたね。気に入ったものが見つかったのであれば、幸いです。

バレエトップスは、体温調整といった機能的な使い道だけでなく、おしゃれを楽しむファッションアイテムとしても活用できる魅力的なバレエ用品です。季節や用途に合わせて何枚かそろえておくと、何かと便利なので、ぜひこの機会に購入を検討してみてください。

▼ウォームアップウェアについてはこちらの記事がおすすめ

関連記事一覧