【国別】世界で活躍する日本人バレリーナ12名 ~ロシア・イギリスなど~

団・ダンサー紹介

近年、世界各国の名門バレエ団において、日本人のバレリーナが目覚ましい活躍を見せてくれています。各国のバレエ団のHPを見てみると、ほとんどのバレエ団に日本人ダンサーが所属しており、日本人バレリーナの活躍の場が広がっています。その中でも、最前線で活躍しているダンサー、今後の更なる活躍が楽しみなダンサーを12名ご紹介していきます。

※情報は、執筆当時(2021年2月5日時点)の内容です

フランスで活躍する日本人バレリーナ

①オニール 八菜(おにーる はな)

現在、パリ・オペラ座バレエ団のプルミエールダンスーズとして活躍するオニール八菜さん。パリ・オペラ座はほとんどがフランス人で占められており、またパリ・オペラ座バレエ学校出身者が多いため、外部からの入団は難しいとされています。その中で目覚ましい活躍を見せ、あとは最高峰「エトワール」の指名を待つばかり。

エトワールへの昇格は、日本人としてはもちろんアジア人として350年のオペラ座史上初の快挙となります。日本だけでなく、海外でも人気の高い彼女の今後の活躍に期待です。

生年月日1993年1月8日
身長172cm
所属パリ・オペラ座バレエ団(フランス)
階級プルミエール・ダンスーズ(最高位エトワールに次ぐ)
受賞歴2006年 全日本バレエコンクール ジュニア部門 入賞
2008年 NBA全国バレエコンクール中学生女子の部 第1位
2009年 ローザンヌ国際バレエコンクール 第1位
2010年 Youth America Grand Prix NYファイナル 第1位
2014年 ヴァルナ国際バレエコンクール 銀賞
    ※金賞該当者なしのため同年の最高賞
2016年 モスクワのボリショイ劇場にてブノワ賞受賞
    ※優秀なバレエ関係者に与えられるロシアの賞
2016年 文化庁長官表彰(国際芸術部門)
経歴1993年 東京都世田谷区生まれ
1996年 岸辺バレエスタジオにてバレエを始める
2007年 Youth America Grand Prixにおいて、
    オーストラリアバレエ学校のスカラシップを獲得
2008年 オーストラリアバレエ学校 入学
2011年 首席で卒業
2011年 パリ・オペラ座バレエ団とシーズン契約(カドリーユ)
2013年 正規団員となる
2014年 コリフェ 昇格
2015年 スジェ 昇格
2016年 最高位エトワールに次ぐプルミエール・ダンスーズ昇進
2017年 三越伊勢丹グループメッセージ イメージモデル
2019年 WOWOWドキュメンタリー番組に出演
SNSInstagram
Facebook

参考文献
・ウィキペディア
・パリオペラ座バレエ団 ダンサー紹介ページ
・オニール八菜 support by Chacott
・VOGUE(2017年6月)三越伊勢丹イメージモデル起用

ドイツで活躍する日本人バレリーナ

②菅井 円加(すがい まどか)

現代最高の巨匠である振付家ジョン・ノイマイヤー率いる世界的なバレエ団にて、日本人初のプリンシパルとなった菅井円加さん。

幼い頃に始めた新体操の影響もあり、男性ダンサー顔負けの強靭なテクニックを持ち合わせています。また、正確なテクニックと表現力の高さで、全身から踊る喜びを感じられ、何度も観たいと思ってしまうほどの魅力を持つダンサーです。

生年月日1994年7月12日
身長
所属ハンブルク・バレエ団(ドイツ)
階級プリンシパル
受賞歴2012年 ローザンヌ国際バレエコンクール 第1位
    神奈川県知事賞
2012年 ショッソン・ドール国際バレエコンクール 優勝
経歴1994年 神奈川県厚木市生まれ
1997年 バレエを始める
2000年 佐々木三夏バレエアカデミー 所属
2012年 ユニクロTVCM 出演
2012年 ナショナル・ユース・バレエ 入団
2014年 TBS情熱大陸 出演
2014年 ハンブルク・バレエ団に移籍(研修生)
2015年 正式団員(コール・ド・バレエ)
2015年 NHKEテレ「SWITHCインタビュー 達人達(たち)」出演
2017年 ソリスト 昇格
2019年 日本人初となるプリンシパルダンサーに昇格
SNSTwitter
Instagram
Facebook

参考文献
・ウィキペディア
・ハンブルク・バレエ団 ダンサー紹介ページ
・VOGUE JAPAN インタビュー記事(2019年8月)
・ユニクロプレスリリース(2012年3月)

スウェーデンで活躍する日本人バレリーナ

芝本 梨花子(しばもと りかこ)

パリ・オペラ座バレエ団で長年活躍したマニュエル・ルグリが率いる「ウィーン国立バレエ団」に若干18歳で入団し、入団直後からルグリが期待を寄せたダンサーです。日本人離れした美しくしなやかなプロポーションで、次々にソリストパートを任されています。2020年よりデンマーク王立バレエ団に移籍、2022/2023のシーズンよりスウェーデン王立バレエ団にファースト・ソリストとして移籍しており、移籍後の活躍にも注目のダンサーです。

生年月日1998年12月23日
身長
所属スウェーデン王立バレエ団
階級ファースト・ソリスト
受賞歴2014年 NBA全国バレエコンクール 第3位
2014年 ジャパンバレエコンペティション福岡 第1位
2014年 ジャパングランプリ 第3位
2015年 バレエコンペティション21 第1位
経歴2001年 黒田バレエスクールにてバレエを始める
2008年 めぐみバレエアート 所属
2013年 カナダ・ロイヤルウィニペグバレエスクールサマー 入学
2014年 ウィーン国立バレエ学校 入学
2016年 ウィーン国立バレエ団 入団
2018年 ウィーン国立バレエ団 デミソリストに昇格
2020年 デンマーク王立バレエ団に移籍
2022年 スウェーデン王立バレエ団にファースト・ソリストとして移籍
SNSTwitter
Instagram
Facebook
youtube

参考文献
・スウェーデン王立バレエ団ダンサー紹介ページ
・BRIGHT STEP

フィンランドで活躍する日本人バレリーナ

④松根 花子(まつね はなこ)

1992年に設立された「フィンランド国立バレエ団」は、世界21カ国から約80名の優秀なバレエダンサーが集結した、フィンランド唯一の国立バレエ団です。そのバレエ団でプリンシパルを務めるのが松根花子さん。

2017年に日本で世界初上演された「たのしいムーミン一家~ムーミンと魔法使いの帽子~」では、主要なルビー役で出演し、日本国内のニュースでも取り上げられ、話題となりました。彼女は体のラインが美しく、パリ・オペラ座バレエ仕込みの基礎とテクニックで観る人の心を魅了します。

生年月日1991年
身長
所属フィンランド国立バレエ団
階級プリンシパル
受賞歴2004年 Youth America Grand Prix
2005年 Youth America Grand Prix 日本予選 2位
2005年 Youth America Grand Prix 優勝
2007年 ザ・バレコン福岡 第2位
2007年 ローザンヌ国際バレエコンクール セミファイナリスト
経歴1991年 兵庫県神戸市生まれ。
1995年 貞松・浜田バレエ学園にてバレエを始める
2003年 ソウダバレエスクール 所属(~2007年)
2005年 パリ・オペラ座バレエ学校 留学
2007年 ハーグ王立コンセルバトワール(オランダ) 留学
2008年 K-BALLET KOMPANY 入団
2013年 フィンランド国立バレエ団 入団
2017年 ソリスト 昇格
現在、プリンシパルダンサー
SNSInstagram
Facebook

参考文献
・【YouTube】松根花子さん編:バレエ『ムーミンと魔法使いの帽子』のルビーと対面
・フィンランド国立バレエ団 ダンサー紹介ページ
・YOUTH AMERICA GRAND PRIX ダンサープロフィールページ

イギリスで活躍する日本人バレリーナ

⑤高田 茜(あかだ あかね)

世界最高峰と名高い英国ロイヤル・バレエ団で、2016年に26歳という若さで最高位のプリンシパルに昇格した高田茜さん。ロイヤル・バレエ団で日本人がプリンシパルに昇格するのは、1993年の熊川哲也さんが昇格して以来のことです。彼女の魅力は、表現力が豊かでさまざまなタイプの役を高いレベルでこなすところです。

生年月日1990年4月18日
身長162cm
所属英国ロイヤル・バレエ団(イギリス)
階級プリンシパル
受賞歴2000年 埼玉全国舞踊コンクール 第1位
2002年 NBA全国バレエコンクール 第1位
2002年 青少年のためのバレエコンクール 第1位
2005年 アジア・パシフィック国際バレエコンクール
    ファイナリスト
2006年 NBA全国バレコンクール 審査員特別賞
2008年 ローザンヌ国際バレエコンクール プロ研修賞 観客賞
2008年 NBA全国バレエコンクール 第1位
2016年 VOGUE JPAN Women of the Year 2016 受賞
経歴1990年 東京都葛飾区生まれ
1993年 高橋洋美バレエスタジオにてバレエを始める
2006年 モスクワのボリショイ・バレエ学校 留学
2008年 英国ロイヤル・バレエ団に研修生として入団
2009年 正団員として契約。アーティストとして正式入団
2010年 ファースト・アーティスト 昇格
2011年 ソリスト 昇格
2014年 ファースト・ソリスト 昇格
2016年 最高位であるプリンシパルに昇格
SNSInstagram
Facebook

参考文献
・ウィキペディア
・英国ロイヤル・バレエ団ダンサー紹介ページ
・VOGUE JAPAN インタビュー記事(2019年2月)

⑥金子 扶生(かねこ ふみ)

高田茜さんと同じくロイヤル・バレエ団のファースト・ソリストとして活躍する金子扶生さん。2020年9月に日本全国の映画館でロイヤル・バレエ団の「眠れる森の美女」が上映され、金子さんは主役の「オーロラ姫」を演じています。

実は、撮影時にリラの精としてキャスティングされていましたが、撮影当日に主役のダンサーが怪我をしたため、急遽主役に抜擢され「オーロラ姫」としてデビューを飾りました。その後も次々と主役に抜擢され輝きを増しているダンサーです。

追記
2021年5月18日、金子 扶生さんはプリンシパルに昇格しました。
>>【5/18速報】金子扶生さんが英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに昇進

生年月日1992年
身長
所属英国ロイヤル・バレエ団(イギリス)
階級プリンシパル
受賞歴2008年 ヴァルナ国際バレエコンクール 金賞
2009年 モスクワ国際バレエコンクール 銀賞
2010年 USAジャクソン国際バレエコンクール 銀賞
経歴1992年 大阪府生まれ
    地主薫エコール・ド・バレエにてバレエを始める
2010年 地主薫バレエ団 入団
2011年 英国ロイヤル・バレエ団 入団
2013年 ソリスト 昇格
2018年 ファースト・ソリスト 昇格
2021年 プリンシパル 昇格
SNSInstagram
Facebook

参考文献
・ウィキペディア
・英国ロイヤル・バレエ団ダンサー紹介ページ
・西日本新聞 インタビュー記事(2020年9月)

⑦平田 桃子(ひらた ももこ)

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団は、イギリス第二の都市バーミンガムにあり、王室から「ロイヤル」の名称を許された由緒あるバレエ団です。高いテクニックと溢れる情感で長年バーミンガム・ロイヤルバレエ団で看板ダンサーとして活躍している平田桃子さん。

158cmと小柄ながら指先まで神経が行き届いた動きがダイナミックに見えます。とにかく安定感があり、また繊細な動きや表現をするダンサーです。

生年月日1985年
身長158cm
所属バーミンガム・ロイヤル・バレエ団(イギリス)
階級プリンシパル
受賞歴1996年 埼玉全国舞踊コンクール 朝日新聞社賞
1997年 全国舞踊コンクール 入賞2位
1997年 埼玉全国舞踊コンクール 埼玉新聞社賞
1998年 全国舞踊コンクール 第3位
1999年 日本バレエアカデミー全国バレエコンクール 第1位
1999年 全国舞踊コンクール 第1位 文部大臣賞 東京都知事賞
2000年 全国舞踊コンクール 第1位 文部大臣賞 東京都知事賞
2000年 全日本バレエコンクール 第3位
2001年 ローザンヌ国際バレエコンクール エスポワール賞
経歴1985年 群馬県太田市生まれ
1990年 山本禮子バレエ団附属研究所にてバレエを始める
2001年 イギリスロイヤルバレエスクール 留学
2003年 首席で卒業
2010年 ファースト・ソリスト 昇格
2012年 バルセロナ・バレエ団へ移籍
2012年 バーミンガムロイヤルバレエ団へ移籍
2013年 プリンシパル 昇格
SNSTwitter

参考文献
・ウィキペディア
・バーミンガムロイヤルバレエ団ダンサー紹介ページ
・山本禮子バレエ団団員紹介ページ

⑧加瀬 栞(かせ しおり)

タマラ・ロホ芸術監督率いるイングリッシュナショナルバレエにて、プリンシパルを務める加瀬栞さん。2011年にはカンパニー内の最も突出した才能に贈られるエマージング・ダンサー・アワードを受賞しており、またイギリス国内のCMに出演する等、イギリスでも注目を浴びています。

安定したテクニックで優雅に謳うように踊り、観る人を惹きつけるような魅力のあるダンサーです。

生年月日1992年
身長
所属イングリッシュナショナルバレエ(イギリス)
階級リード・プリンシパル
受賞歴2005年 全国舞踊コンクール 第2位
2006年 Youth America Grand Prixニューヨーク 第3位
    (英国ロイヤルバレエスクール スカラシップ賞)
2011年 エマージング・ダンサー・アワード 受賞
2014年 ジャクソン国際バレエコンクール ゴールドメダル
2015年 文化庁長官賞 受賞
経歴1992年 千葉県生まれ
1995年 加藤・広瀬バレエスタジオにてバレエを始める
2006年 イギリスロイヤルバレエスクール 留学
2009年 卒業
2009年 イングリッシュナショナルバレエ(ENB) 入団
2013年 ソリスト 昇格
2014年 ファースト・ソリスト 昇格
2015年 高級宝飾ブランドBackes&Strauss アンバサダー就任
2016年 プリンシパル 昇格
2022年 リード・プリンシパル 昇格
SNSTwitter
Instagram
Facebook

参考文献
・イングリッシュナショナルバレエ ダンサー紹介ページ
・加藤・広瀬バレエスタジオ
・BALLET SEARCH
・【動画】YouTube Meeting of Masters _ Backes & Straus

ロシアで活躍する日本人バレリーナ

⑨永久 メイ(ながひさ めい)

バレエ界のシンデレラとして、今世界中から熱い視線を浴びているバレリーナ、永久メイさん。2018年に若干17歳でクラシック・バレエの最高峰であるロシアの「マリインスキー・バレエ」に研修生として入団しました。

同年、5月に日本人初のセカンド・ソリストとして正式入団し、数々の作品で主役や重要な役を踊っています。マリインスキー・バレエ団で唯一主役を踊った日本人であり、日本のバレエの歴史を変えた人物でもあります。

ABEMAオリジナルドキュメンタリーで特集を組まれたり、30 UNDER 30 JAPAN 2020を受賞したりと、彼女の活躍に日本中が注目しています。まだ10代ということもあり、今後彼女の踊りを観る機会があればぜひ観てほしいです。

追記
2021年6月22日、永久メイさんはファースト・ソリストに昇格しました。
>>【6/22速報】永久メイがファースト・ソリストに昇格

生年月日2005年5月
身長
所属マリインスキー・バレエ(ロシア)
階級ファースト・ソリスト
受賞歴2012年 Youth America Grand Prix 日本予選 優勝
2013年 NBA全国バレエコンクール 第2位
2013年 Youth America Grand Prix 優勝
2017年 ローザンヌ国際バレエコンクール セミファイナリスト
2020年 30 UNDER 30 JAPAN 2020 受賞
経歴2005年 兵庫県生まれ
2003年 深田真紗子バレエアカデミーにてバレエを始める
2013年 モナコプリンセス・グレース・アカデミー 留学
2017年 最優秀卒業生として卒業
2018年 マリインスキー・バレエに研修生として入団
    ※18歳までワーキングビザが取得できないため
2018年 「くるみ割り人形」で主演デビュー
    ※日本人初の名門マリインスキー・バレエで主役を踊る
2018年 正式入団(セカンド・ソリスト)
2020年 ABEMAオリジナルドキュメンタリー『MILLENNIAL 』出演
2021年 ファースト・ソリスト 昇格
SNSInstagram

参考文献

・マリインスキー・バレエ ダンサー紹介ページ
・VOGUE JAPAN インタビュー記事(2018年9月)
・ABEMA TIMES(2020年12月)
・Chacott インタビュー記事(2020年8月)
・JAPAN ARTS アーティスト紹介ページ

⑩石井 久美子(いしい くみこ)

世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われ、ロシア帝国の宮廷バレエを起源とし、ロシア国内で最も格調の高いバレエ団である「マリインスキー・バレエ」。石井久美子さんは、その名門バレエ団に2013年、日本人として初めて正式入団を認められました。

169cmと長身で手足も長く伸びやかさもあるため、ロシア人ダンサーと比較しても全く見劣りしません。彼女はYouTubeやブログ等、ロシアでの日常の様子やバレエの知識等を発信してくれており、バレエ界に新しい風を吹き込んでくれています。

生年月日1994年9月7日
身長169㎝
所属マリインスキー・バレエ(ロシア)
階級コールド・バレエ
受賞歴
経歴1994年 東京都生まれ
2002年 8歳よりバレエを始める
    東京バレエ劇場、橘バレ学校、祥子バレエ研究所、
    東京バレエ学校など様々な教室に所属
2011年 ワガノワバレエ学校留学オーディションに合格し、入学
2013年 卒業
2013年 マリインスキー・バレエ 入団 ※当時の日本人初
SNSTwitter
Instagram
Facebook
Ameblo
youtube

参考文献
・ウィキペディア
・マリインスキー・バレエ ダンサー紹介ページ
・産経ニュース インタビュー記事(2015年11月)

アメリカで活躍する日本人バレリーナ

⑪飯島 望未(いいじま のぞみ)

アメリカ五大バレエ団の一つであるヒューストン・バレエのプリンシパルとして活躍する飯島望未さん。さまざまな役を繊細な表現と強靭なテクニックで踊りこなすかたわら、美しい容姿と恵まれたスタイルで、シャネルのビューティ・アンバサダーを務めるなど、ファッショニスタとしても注目を集めています。

2018年にはフジテレビ系列「セブンルール」に出演し、雑誌ELLEやVOGUEのモデルを務める等、彼女のセンスの高さに世界中が注目しています。

追記
2021年8月、飯島 望未さんは日本国内に拠点を移し、K-BALLET COMPANYで活動しています。
>>【2021年8月】飯島望未が熊川哲也率いるKバレエカンパニーに入団決定

生年月日1991年8月6日
身長163cm
所属ヒューストン・バレエ団(アメリカ)※2021年に帰国し、日本国内で活動中
階級プリンシパル
受賞歴2004年 Youth America Grand Prix 第3位
2005年 こうべ全国洋舞コンクール 第3位
2006年 NBA全国バレエコンクール 第2位
2006年 こうべ全国バレエコンクール 第3位
2006年 Youth America Grand Prix日本予選 第3位
経歴1991年 大阪府生まれ
1997年 6歳からバレエを始める
2007年 ヒューストン・バレエアカデミーで学ぶ
2008年 ヒューストン・バレエ団入団 ※入団当時最年少契約
2013年 米ダンスマガジン「25人の観るべきダンサー」に選出
2014年 ソリスト 昇格
2016年 スイスチューリッヒ・バレエ団 入団
2016年 CHANEL 「N°5L」 グローバルプロジェクト参加
2017年 ヒューストン・バレエ団にソリストとして復帰
2018年 CHANEL 「CODE COCO」アンバサダー
2019年 プリンシパル 昇格
2018年 グランフロント大阪2018CM 出演
2018年 フジテレビ系列「セブンルール」 出演
2019年 New Balance 997 H“INDEPENDENTS”ムービー 出演
2019年 CHANELのビューティーアンバサダーに就任
2021年 K-BALLET COMPANYにファースト・ソリストとして入団
2022年 プリンシパル 昇格
SNSInstagram
Facebook

参考文献
・K-BALLET COMPANY ダンサー紹介ページ
・the fashion post インタビュー記事(2019年12月)
・ファッション雑誌ELLE インタビュー記事

オーストラリアで活躍する日本人バレリーナ

⑫近藤 亜香(こんどう あこ)

世界有数のカンパニーであるオーストラリア・バレエ団にて、日本人初のプリンシパルとなった近藤亜香さん。24歳という若さでプリンシパルに昇格し、その後もバレエ界のアカデミー賞と呼ばれるブノワ賞にノミネートされた他、オーストラリアの舞台芸術に対する賞(Helpmann Awards)を受賞する等、目覚ましい活躍を見せてくれています。

生年月日1991年3月
身長
所属オーストラリア・バレエ団(オーストラリア)
階級プリンシパル
受賞歴2005年 ジャパングランプリ 2位
2007年 Youth America Grand Prix スカラシップ賞
2017年 Australia Dance Award 最優秀女性舞踊家賞 受賞
2018年 ブノワ賞 最優秀女性ダンサーにノミネート
2018年 Helpmann Awards 最優秀女性舞踊家賞 受賞
    ※オーストラリアの舞台芸術に対する賞
2020年 愛知県芸術文化選奨 文化新人賞 受賞
経歴1991年 愛知県名古屋市生まれ
1994年 金澤志保バレエスタジオにてバレエを始める
2008年 オーストラリア・バレエスクール 入学
2010年 オーストラリア・バレエ団 入団
2013年 ソリスト 昇格
2015年 日本人初となる最高位プリンシパルダンサーに昇格
SNSTwitter
Instagram
Facebook
Ameblo

参考文献
・Chacott インタビュー記事(2020年6月)
・オーストラリア・バレエ団 ダンサー紹介ページ
・芸術文化選奨

※この記事は2021年2月に執筆されたものであり、情報は当時のものを参照しております。


\ バレエ教室マッチング /

簡単な質問に答えるだけで、あなたの要望に合ったバレエ教室をAIが提案してくれるサービスです。
回答に必要な時間は3分程度

登録・見積もりは無料なので、バレエ教室をお探しの方はぜひ一度試されてみてはいかがでしょうか。


関連記事一覧