• HOME
  • バレエ用品
  • 【2022年始まり】バレエカレンダー7選!有名バレエ団やダンサーがテーマの商品などを紹介

【2022年始まり】バレエカレンダー7選!有名バレエ団やダンサーがテーマの商品などを紹介

バレエ用品

日付を確認しやすいように、教室やスタジオの壁にカレンダーを取り付けている先生も多いのではないでしょうか? また、リビングや自室の壁にカレンダーを貼り付けているバレエファンの方も一定数いらっしゃるのではないかと思います。

雑貨屋さんなどで売っている一般的なデザインのカレンダーも実用的だったりデザイン性に優れていたりしていいのですが、せっかくならバレエをテーマにしたカレンダーを貼って、教室や部屋の雰囲気をバレエ仕様に高めてみるのもおすすめです。

今回は、バレエをモチーフにした2022年始まりのカレンダーを7つご紹介します。新年を迎えるにあたって新しくバレエカレンダーの購入を検討されている方は、ぜひご参考ください。

①ロイヤル・バレエ団のアートカレンダー

created by Rinker
¥1,497 (2022/09/30 08:58:46時点 Amazon調べ-詳細)

イギリスの王立バレエ団「ロイヤル・バレエ団」をテーマとした2022年始まりのアートカレンダーです。ロイヤル・バレエ団といえば、フランスのパリ・オペラ座、ロシアのマリインスキー・バレエを並んで、世界三大バレエ団のひとつに数えられる世界的に有名なバレエ団。このカレンダーでは、同団に所属のマリアネラ・ヌニュスやフェデリコ・ボンネリなど著名なバレエダンサーが数多く登場します。21年5月にプリンシパルへ昇格した“金子扶生”さんも、オーロラ姫の役を演じたときの姿で題材に起用。同団のファンにとっては、垂涎もののバレエカレンダーです。

・【5/18速報】金子扶生さんが英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに昇進

②16か月仕様のダイナミックなバレエカレンダー

created by Rinker
BrownTrout
¥5,195 (2022/09/30 08:58:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、ダンサーの躍動感あふれる踊りを主題にしたバレエカレンダーです。ダイナミックな印象を与える存在感の強いカレンダーなので、これを飾るだけでスタジオがパッと華やぎます。また、2022年用のカレンダーでありながら、2021年9月始まりの16か月仕様であることもポイントです。例えば、2021年のカレンダーを買っていない方でも4か月前の9月からであれば、こちらのカレンダーで21年と22年の両方を補えます。さらに、1週間の始まりが日曜日であることも特徴です。ヨーロッパ圏は1週間の始まりを“月曜日”としているため、日曜日を1週間の始まりとする日本でヨーロッパ製のカレンダーを使うと、困惑してしまうことがあります。このカレンダーは日曜日始まりで作られているため、日本でもすぐに馴染むというわけです。

③イタリアから直輸入されたバレエカレンダー

出典:直輸入バレエ・カレンダー2022 Mark Olich Wall Calendar 2022

イタリアから直輸入されたバレエカレンダーです。ダンサーの踊っている姿だけでなく、バックステージで準備している様子やレッスンの合間に相談している姿など、バレエダンサーの様々な一面を写しカレンダーの題材としています。幻想的な雰囲気の写真も多く、バレエの世界を独特な技法で写し取っているおしゃれなアートカレンダーです。スタジオはもちろん、プライベートな空間に飾っても芸術品のひとつとして機能してくれます。

④第16回世界バレエフェスティバルのカレンダー

出典:第16回 世界バレエフェスティバルカレンダー2022(B3)

世界で活躍するトップバレエダンサーたちが3年に1度、東京に集う「世界バレエフェスティバル」。ボリショイ・バレエや英国ロイヤル・バレエ、パリ・オペラ座といった海外の有名バレエ団の現役プリンシパルが一堂に会す、世界最大規模のガラ・パフォーマンスです。2021年は新型コロナウイルスの影響により開催が危ぶまれましたが、無事に開催。その世界バレエフェスティバルがカレンダーとなりました。アレッサンドラ・フェリやダニール・シムキン、マチュー・ガニオなど、各団を代表するダンサーたちが題材としてカレンダーに収められています。

・第16回世界バレエフェスティバル(2021)有料配信決定!

⑤東京バレエ団プリンシパル“柄本弾”のバレエカレンダー

出典:柄本弾2022年カレンダー

2008年に東京バレエ団に入団し、2013年よりプリンパルとして数々の主役を演じられている柄本弾さん。モーリス・ベジャール振付の『ボレロ』を踊ることを許された「ただ一人の日本人男性ダンサー」であり、同団の看板バレエダンサーとして多くの観客を魅了し続けている彼が、この度カレンダーのモチーフとなりました。写真はすべて撮り下ろしのため、この柄本弾を見られるのはこちらのカレンダーだけです。ファンの方にはもちろん、彼のことをこれから知っていきたいという方にもおすすめの商品です。

・【日本・海外で活躍】日本人男性バレエダンサー10名(プリンシパル)をご紹介

⑥漫画家“桜沢エリカ”書き下ろしバレエカレンダー

出典:桜沢エリカ2022年バレエカレンダー

バレエ鑑賞歴25年、時には好きなダンサーの公演を観るために弾丸で海外まで飛ぶこともあるというほど、バレエへの愛が深い少女漫画家の“桜沢エリカさん”。そんなバレエ愛好家である彼女の描きおろしイラスト6点が、バレエカレンダーになりました。淡く繊細なタッチで描かれたイラストたちは、バレエダンサーの美しさや可憐さが絶妙な加減で表現されています。桜沢エリカさんのファンの方は、ぜひ部屋に飾っておきたいカレンダーです。

桜沢エリカさんの他作品

桜沢エリカさんは、バレエをテーマとした漫画作品をいくつか出されています。ご興味のある方はぜひ購入されて読んでみてください。

created by Rinker
¥1,222 (2022/09/30 08:58:48時点 Amazon調べ-詳細)

⑦【番外編】日めくりバレエカレンダー

最後に番外編として、日めくりカレンダーをご紹介します。日めくりカレンダーのため年を問わず使用することができ、どの月・日からでも使い始められます。また、各日にちに、ポーズと衣裳を紹介するイラストが描かれていることもポイントです。カレンダーをめくるたびに新しいポーズの学習ができるので、バレエの上達に役立ちます。さらに、かわいらしい衣裳を着たイラストが添えられていることで、それを見たお子様が「私もいつかこんな衣裳を着て踊りたい!」と感じ、レッスンへのモチベーションがアップするという効果も期待できます。

関連記事一覧