• HOME
  • ニュース
  • セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画「DanserⅡ」が製作中

セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画「DanserⅡ」が製作中

ニュース

世界で最も著名なバレエ団のひとつ「英国ロイヤル・バレエ」で、当時史上最年少の19歳という若さでプリンシパルまで上り詰めた後、わずか2年後に電撃退団しバレエ界を驚愕させた天才バレエダンサー、セルゲイ・ポルーニン。

2016年に公開された「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」は、彼の過酷だった半生を描いたドキュメンタリー映画です。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥5,260 (2022/09/30 05:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

先日、その第2弾作品「DancerⅡ(原題)」が制作中との情報が入ってきました。

手掛けるのは写真家で映画監督のアントン・コービン。

セルゲイ・ポルーニンの公式YouTubeでは、「DancerⅡ」の一部抜粋映像がミュージックビデオの形式で配信されており、こちらもコービンが映像監督を手掛けているとのことです。

ミュージックビデオの舞台は、オランダの北ホランドにある海岸。

音楽には、2020年に『ロックの殿堂』入りを果たしたイギリスの世界的ロックバンド“Depeche Mode(デベッシュ・モード)”の“In Your Room(イン・ユア・ルーム)”が使われています。

映像では、寂然とした景色の中に黒色の舞台が置かれ、その上をポルーニンが踊っている様子が収められています。

米国のメディア“DEADLINE”によると「DancerⅡ」は複数の長尺パフォーマンスとその撮影風景によって構成され、ダンスの視覚的な探求を目的としているとのこと。

前作のストーリーテリングされたものとは違い、ダンスの視覚的要素に焦点が当てられた“言葉によるメッセージ性が少ない”作品になるようなので、よりバレエに近しい表現の映画になるのではないでしょうか。

非常に楽しみですが公開時期はまだ発表されていないようです。海外と日本で公開時期にずれがあることを踏まえると、日本で観れるようになるのは少し先のことになりそうですが、気長に待ちましょう。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」は下記のバレエ映画作品をまとめた記事で紹介しています。気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

関連記事一覧